表紙に輝く米倉涼子はインディバを選んだ

7月の「美ST」米倉涼子さんが表紙で輝いていましたね! プロポーションを保つために、ヘルシーな食事ばかりと思っていましたが、牛肉が大好きでよく召し上がっているのだそうですね。
米倉涼子
さて、そんな 40代の米倉涼子さんはインディバをボディのケアに使っていらっしゃるのです!   「セルフケアは面倒で時間ももったいないからプロに頼っています。そもそもむくみやすい体質で、インディバで身体を温めるようになって、ずいぶん楽になりました。 40代になってから、太るし疲れるし忘れます(笑)。

 

おへその感じが違うとか、肉がつく場所が変わってきたとも実感しています」   ここで米倉涼子さんに学ぶべき事がありますよね。 たった数行のこの文ですが自分の事を理解しているという点がスゴイと思います。  

美のプロ、米倉涼子に学ぶべき事



米倉涼子さんの決断要素 そもそもむくみやすい体質。 セルフケアは面倒で時間がもったいないのでプロに頼む。   こういう事をきいた事がありませんか? 「靴は夕方に買え」 この言葉を読んで「あ~!」と思った方はむくみやすい方ですね(^^)。

しかし、 夕方に足がむくむとわかっていても、靴を買うのはむくんでいないときが多くありませんか? というより、 むしろ、むくんでいない時に買っていませんか?   自分もそうですが、 むくんだ足は本来の自分の足だと思っていない、思いたくないという心理があるからだと思います。

 

でもどうでしょうか? 5年後の「本来の自分の足」はどっちでしょうか?  

美のプロは自分にシビアでなければならない



やはり、自分をシビアに厳しい目で見るという事が大事ですよね。

ましてや米倉涼子さんはタレントさん。 美しいプロポーションを保つ事はお仕事上、義務ともいえるでしょう。それに米倉涼子さんにあこがれをもっているファンのためでもあります。  

プロポーションを保つのは絶対 お肉が大好き むくみやすい 時間がない 40代をすぎて肉がつく場所の変化にきづいてきた・・・   この要素をクリアさせるために米倉涼子さんが選んだのが「インディバ」なんですよね。 しかも芸能界ですから、美に関する情報が、少なくとも一般人よりも身近にあふれているはずですよね。

あれがいい、これがいい・・・。   そんな情報に囲まれた方が、インディバを選んだ。

ここを重視しなくてはならないと思います。

おそらくこれを読まれているあなたは、美的意識、健康意識が高い方だと思います。そして始めるタイミングは早いほうがいいというのも理解されている事でしょう。  

重要なのはセラピストとの相性!自分の時間を大切に!


何かを決断するときは、悩んでいる要素を箇条書きするとわかりやすいですよね。

体のケアとなると自宅からサロンへの距離も考慮に入れなければなりません。また営業時間なども、自分のライフスタイルにあうかどうか・・・。   しかし、 立地や営業時間よりも、重要なのが実はセラピストとの相性です。

これが一番重要です。 何事も続けなければ成果があがってきませんよね、施術の時間がお着替え時間なども含め2時間で週に1回だとすると、1ヶ月に8時間以上共に空間をすごす事になります。

1年に換算すれば実に、96時間にもなります。


お金でかえないものはいろいろありますが、その代表的なものが時間ですよね。 そのあなたの大切な時間をともに過ごせるセラピストか?

本当に自分のことをキレイにしてくれようとしているセラピストか?という点を大事に考えてほしいと思います。   また、 セラピストは当然にインディバ社の資格をもっていなければ信用できません。ここは重要ですね。

インディバを使っていても、インディバ社の資格を所持していないセラピストさんもいます。

ここは考え方の違いですので、良い悪いではなく、そのセラピストさんがどのような意識をもって、施術にあたっているのか?という点が大事かなと思います。

さて、 米倉涼子さんに学ぶべき事を、私ももう一度頭に入れ直し、夕方に靴をかわなくてもいいケアをこれからも続けたいと思います(^^)